ボトックス注射で脂肪とさよなら|施術でメリハリボディをGET

顔を触る人

シワや多汗症の対策

カウンセリング

知っておきたい知識

ボトックス注射は筋肉に作用するのですが、原理は神経の伝達をコントロールして筋肉の動きを止めています。筋肉が動かなくなる事によりシワが出来るのを防ぎます。量が多ければ表情に変化が無くなりますので、あまり無理がある量を注射しないようにしましょう。ボトックス自体に心配になる程の副作用は無いので安心して使用出来るのですが、注入する場所や量によっては副作用のような症状になる事があります。多くは見た目の問題と痛みですが、上手な医師やクリニックを選ぶようにする事で回避出来るでしょう。ボトックス注射はシワ改善に使用される事が多いですが、脇の下に注入する事で制汗効果があります。筋肉の動きを止めるのと同じように、エクリン汗腺の活動を抑制する事で汗の分泌をコントロールします。多汗症の手術は高額な場合が多いですが、ボトックス注射でも制汗出来るのは手軽です。治療時間も注入するだけなので数分で終わります。汗の分泌が減るので気になる臭いも軽減する事が出来ます。しかし汗腺を取り除くわけでは無いので根本的な解決にはなりませんが、数分の治療で半年から一年くらいは長持ちします。切らずに治療したい人や汗の量や臭いが軽度な場合に向いています。

この先の方向性

ボトックス注射により小顔効果が期待できる治療が選ばれるようになっています。今までの小顔ケアはマッサージでむくみを取り除いたり美容整形で手術する方法が一般的でした。ボトックスの成分は筋肉を動かさないようにしますが、発達しすぎた筋肉のボリュームをダウンさせる効果もあります。これを利用して顔のエラ部分に注入し、発達したエラ部分の筋肉を細くする事で小顔を目指します。フェイスラインの治療と同じように脚痩せ効果を狙う方法も人気があります。発達した筋肉により太くなってしまったふくらはぎ部分に注入して細くします。スポーツなどによる筋肉は、脂肪のようにダイエットやむくみ取りでは細くなりません。なかなか細くならない部分だったのがボトックス注射によって簡単に細くなる事が可能になりました。ボトックスは注射による体内への注入が多いですが、化粧品にも配合されるようになりました。また、肌の表面に塗るタイプもあり、シワ対策用などの美容液やアイクリームなども多く売られています。皮膚に注入するほうが効果が期待出来ますが、注射する事に抵抗を感じるタイプの方には化粧品によるケアをしてみましょう。保湿力が高いので乾燥しやすい肌にも向いています。